FC2ブログ

戎橋政造の裏日記2

戎橋政造の裏日記2です。 だらだらです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「味わう羊」

 その日僕はリビングにあるソファに寝ころび、ある学術的実験に勤しんでいた。 「羊が1264匹」 完璧に覚醒した状態で、羊は何匹まで数えられるのかという実験。 「羊が1265匹」 眠れない夜に、羊を数えるのはよく聞く話だが(最近はあまり聞かないけど)眠らないように数えると、どこまでの羊を見られるのか疑問に思ったのだ。 「羊が1266匹」 昔、天才バカボンの漫画で、羊を数えようとして想像するのだが、羊の姿がわからないと言う話しがあった。とてもユニークだと思った。 「羊が1267匹」 しかし僕は羊の姿を知っている。完璧では無いけど、その姿、特に目を覚えている。数年前ドイツでの恐怖体験だった。マイナスドライバーのような目が、大挙して襲ってくる。 「羊が1268匹」 いや、こんな余計な事を考えるべきではないのだ。集中して羊を数え続けなければ、羊は柵を跳び越えなくなるかもしれない。僕は忠実な牧羊犬のように、羊を監視し続けなければならないのだ。 「羊が1269匹」 「何やってんの?」 気が付くとソファの横に彼が立っていた。いつ来たんだろう? 「羊を追ってる。1270匹目」 僕は98%を羊に集中して答えた。2%の返事でも彼は納得したようだった。 「あのさ、前から気になってた事があるんだけどさ」 「何?1271匹」 「『味わう』って言葉あるじゃない?」 「あるね。1272匹」 「『よく味わって食べよう』とかのアレ」 「うん1273匹」 「こういうとき、なんて言う?『おまえにも味○○せてやる!』」 「は?」 返事が70%になった。羊は30%の曖昧さで柵を跳び越えている。1274匹目だった。 「味わわせる?味あわせる?」 なんだろう、昔70年代的ドメスティック映画で、黒レザーに身を包んだハスッパな敵役女が、「アタイの苦しさを、おまえにも味○○せてやる!」って言ってた気がする。なんて言ってたんだろう。 「言葉の意味を考えると、味わわせるなんだけど、音で聞くと味あわせるなんだよね。」 「ちょっと待って」 僕はパソコンを起動し、ワープロソフトで変換してみた。 「味わわせる・・・ちゃんと変換するね。味会わせる・・・会わせる?意味が違ってくるね」 「そう。でも口に出して味わわせるって言うと、違う気がしない?」 「そうだねぇ・・・」 彼は首をひねりながら、部屋を出ていった。彼の疑問は解決しないままだった。僕はまた羊を数える作業に戻った。 「羊が・・・何匹?」 羊は違う柵を跳び越えていた。僕の疑問も解決しないままだった。あきらめて1から数え直す。 「羊が1匹、羊が2匹、羊が・・・」 何匹か柵を越えた時 「あ、今の羊、星形の模様がある」 灰色の猿が、ハンマーで僕の後頭部を殴った。次は足し算をしなければならないかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2006/10/30(月) 22:32:00|
  2. 解決しない話
  3. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。